ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

日々の昼めし②

f0131641_2105918.jpgごはん(白米)、
人参サラダ(千切り人参に塩をふってしばらくおき、すり胡麻とすだちを絞ってあえる)、
里芋としめじと油揚げとねぎの味噌汁、
胡瓜の芥子漬け(叔父作。この漬物さえあればというくらい白米と合う)、
梅の甘酢漬け

f0131641_2111320.jpg炒り大豆入り焼きおむすび、
胡瓜の芥子漬け、
人参サラダ、
焼き油揚げの生姜醤油かけ(油揚げを網で焼き、生姜をすったのと醤油をかける)、
味噌汁
f0131641_211258.jpgさよりと里芋のブランダード風(耐熱容器にオリーブ油をひき、里芋とにんにくを入れて少し炒める。味醂干しのさよりをこまかく裂いて混ぜ、牛乳を少しと上にしめじをのせて蓋をしてオーブンで焼く)、
味噌汁
f0131641_2113630.jpgすだちラーメン(インスタントラーメンを作り、炒めた野菜やねぎなどをのせてから、すだちをしぼってかける)、
人参サラダ
f0131641_2114724.jpg全粒粉パン、
じゃがいもと鶏肉と菜豆のスープ(トリの足と水を煮てスープをとる。じゃがいもを一緒に茹でて塩胡椒で味をととのえ湯がいた菜豆を切ってのせる)、
菜豆のおひたし(菜豆を湯がいてかつおぶし、ポン酢をかける)、
人参サラダ
f0131641_211596.jpgさつまいものアッシ・パルマンティエ風(さつまいもを茹でてスープを入れながらつぶす。玉ねぎと鶏肉をバターでいためて耐熱容器に敷き、さつまいもを入れてならし、チーズをのせてオーブンで焼く。本で見た)
菜豆のおひたし(すだちも絞る)

毎日のようにすだちを絞っているのは、家に山のようにあるからです。母親がお遍路めぐりを最近始め、徳島からごっそりすだちを持ち帰りました。すだちラーメンは、レモンラーメンがいけるならすだちもいけるだろうと試してみたもの。さっぱりしておいしい。私は味噌ラーメンで食べましたが、塩ラーメンもいいかも。

ブランダードは本来たらとじゃがいもで作ります。いもをつぶしてから牛乳を混ぜるなど、作り方も全然違っています。アッシ・パルマンティエも本当はじゃがいもを使うらしい。イギリス料理にシェパーズ・パイとかコテッジ・パイとかありますけれど、調味した肉の上につぶしたイモをのせてオーブンで焼く、というのは簡単だけれどなかなかおいしいものです。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-10-16 21:28 | めし | Comments(0)
<< ひつじひつじひつじ ライ麦酵母のパン >>