ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

やさしいお菓子

f0131641_22112436.jpg

白桃を二つ割りにしてシロップ煮にしたものを使って、白桃のタルトを焼きました。アパレイユは生クリーム・卵・砂糖とサワークリームを少し。クラフティのようなフランのようなプリンのようなそして茶碗蒸しのようなタルトでございます。白桃も自分で煮るとさすがに缶詰のようではなく、あのやさしげな香りも損なわれずおいしい食べものになっていると思う。残念ながらたくさんは作っていないので、もし機会がありましたらご賞味いただきたいです、と控えめに。スパンの短い菓子ばかり作っているなぁ。

まだしばらくの間は白桃が青果売り場でも見られるけれど、そろそろ梨が台頭して来つつある。今年初めて梨を売り場で見かけたのはいつだったか。最初はほんのいくつかで、早いなもう秋が来るのか、と予感のようなきざしのようなものに少し驚いた。暑いのも夏も好きではないけれど、これもまもなく終わるのかと思えば惜しいような気になる。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-08-18 22:48 | 試作新作 | Comments(0)
<< マクロまでは遠い かぼちゃをよく食べている >>