ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

消しゴム判子の会

私の作った「仏像はんこ」が思いもよらぬところで発端となり、半年近く前から「消しゴム判子の会をしましょう」という計画がひそかに進められていて、先日ついにそれが実現することになりました。おいしいお昼ご飯と珈琲も、と盛りだくさんに楽しむために会場はあきさ亭(倉敷市本町)にお願いしました。
f0131641_22344453.jpg
真剣に消しゴムと取り組んでいらっしゃるみなさま。10時半開始とともにみなすばらしい集中力で気つけばお昼を過ぎていました。

なぜ菓子の作り方はお教えできない(営業秘密という意味ではない)のに消しゴム判子の彫り方はお教えできるのか、それはひとえに言語化ができるかできないかということのような気がします。私が「お菓子教室」なるものと距離を置いている主な理由は、「これをこうするとこうなります」という理路整然とした説明がうまくできず、ほとんど勘の世界で菓子作りをしているからなのだと思います。その勘というのは教えてできるものではなく、する者が動物のようになって感覚でとらえて体得していくきわめて個人的な体験と思っています。料理人が「親方はひとことも説明してくれなかった」と言いますがあれはしようにもできないからなのではないかしら。これは料理や菓子に限らず、おそらくすべての技術や職にあてはまることです。『1Q84』的に言えば「説明しなければわからないということは、説明してもわからないということだ」…ということじゃないかな。

ひととおり彫り終わり、あれこれ作品評などかわして談笑しながら、御題を出しそれぞれの記憶だけを頼りにそれを彫るのはどうかとか、多色刷りを作ってみてはどうかなど、楽しい提案も出ておりました。数人で彫る楽しみ方というのも、一人ではできないものもあり、まるで部活動のようでおもしろそうです。

f0131641_223455100.jpg

こちらは今回の御題(?)「カッパ」。
「御題、カッパです。書いてください」と冗談のつもりで(!)言ったのに、みな真剣に「カッパって耳あったっけ!」とか「口はくちばし??」などカッパ図に取り組んでいらっしゃいました。「アンパンマン」とか「ハットリくん」とかでも結構個人差のある作品になってよさそう。ふふふ。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-06-30 23:14 | 課外活動話 | Comments(0)
<< ガベがやって来た 初蝉 >>