ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

枇杷のタルト

f0131641_2163849.jpg

ほとんど手入れらしい手入れを施されていない我が家(※畑)の枇杷の木にも、枇杷の実がいっぱい。母によってかなり収穫されたのちはあちこちに配ったり食べたりシロップ煮にしたりといろいろ工夫する日々が続いております。それでもダンボールにあと一箱分くらいある。まぁ枇杷の実はほとんど皮と種なのでそれくらい残っていても消費は不可能ではあるまい。枇杷と格闘しているさなかに佐藤錦の到来物がこれまたダンボールで届き、これもまたとてもうれしい。それで写真のタルトはびわのタルトです。枇杷のシロップ煮にしたものを使っています。下はアーモンドクリーム。生の枇杷でもできますが生を使うと切り口に茶色くあくが出てしまうので、シロップ煮の枇杷です。

枇杷といって鮮明に覚えているのは、小さい頃こっそりおやつに貰ったときのおいしさです。なにこれ!こんなおいしい果物はじめて!と思いました。あれはたしか祖母がわけてくれたのだったと思うけれど、もしかしたら母だったかもしれない。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-06-16 21:32 | 試作新作 | Comments(0)
<< バナナとココナツ ジャムおばさんたち >>