ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

リバイバル

f0131641_2134029.jpg

思うところあってジャン・コクトーの『恐るべき子どもたち』を探しに駅前の書店まで出るが、見当たらず。もしやと思い萩尾望都の同タイトルのコミックを探したら、あった。これを初めて読んだときは登場人物と自分の年齢がさほど違わなかったので同じような世界を共有しているつもりで、おおいに共感しながら、でもこわいような思いで読んだのだった。今は違うのだよなぁ。もうここに私の世界はほとんどないけれどそれでもやはり、好きな世界なのだということに変わりはなかった。歳月。

写真は、チョコチップとフルーツいろいろスコーンです。クラフト前後からぽつぽつ作り始めたものでクラフトでも出していた一品。チョコとドライフルーツの組み合わせはたいていどんなフルーツでもおいしいので、いっそのこといろいろ混ぜてしまおうという欲張りな味わい。カランツ、レモン、あんずが入っています。あんずが甘酸っぱくてよい感じ。生地を作るときに混ぜるフルーツの色がカラフルで、作っていて心楽しいスコーンなのです。
スコーンといえばある人(近所の方)が焼くスコーンがとてもとてもおいしかった!というきっかけから、私もおいしいのを焼くべくがむばってみようと発奮したものです。このようにクラフトメニュウもときどき店にてリバイバルしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-05-26 22:36 | 試作新作 | Comments(0)
<< マカロンの四乗 発酵食品 >>