ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

アラスカ

f0131641_20454271.jpgアラスカが収穫期まっさかり。もちろん国のことではなく、豆のことです。アラスカ豆。我が家でも毎食のようにアラスカ豆(だけ)の煮ものが食卓にのぼります。
世間一般にはグリンピース、なのでしょうか。おいしいのでいくらでも食べられますけれど、さすがにそろそろ違う調理法を模索しようかという気になってきました。ポタージュにするときっと緑色がきれいで『斜陽』の冒頭のような世界になるのでしょう。

うぐいす餡にもできそうだし、塩味のままパンに混ぜてしまうというのもおいしそう。
しかしまずはやはり菓子屋らしく、ケーキにしてみたのでした。

f0131641_20455088.jpgアラスカ豆のケーキ、もといグリンピースのケーキ。
アラスカを塩茹でしたのをペーストにしたものを混ぜこんでいますので、切り口が見事な若草色になります。ひとくち食べるとほのぼのと豆の風味。春はお豆の季節ですね。これはバターケーキですが、シフォンケーキなどに混ぜてもきれいな菓子になるのではと思います。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-05-15 21:08 | 試作新作 | Comments(4)
Commented by cinnnamonmon at 2009-05-16 23:55 x
わー!びっくり。自分と自分の両親以外にえんどう豆のことをアラスカという人がいた!!!誰に言っても「???」って顔をされます。あれはわれわれの地区の言葉なのでしょうか?今日、このシーズン2度目のアラスカ、さやえんどう、そら豆の宅急便が実家から届きました。買うと高いものばかりですから本当に助かります。手間ひまはうんとかかりますが、年に一度この時期だけにえんどう豆をゆでてそれでコロッケを作ります。
グリーンの色がきれいな初夏のコロッケ。旬のごちそう、両親の健康の賜物に感謝していただきます。アラスカのケーキ、想像が出来る味ですが食べてみたい!です。
Commented by 木鳩屋 at 2009-05-17 21:05 x
cinnnamonmonさん、アラスカは正式名称が「アラスカえんどう」らしいですよ。(※母談)
我が家ではアラスカとグリンピースが同じか違うものかわからずもやもやしています。
コロッケもいいですね。私は今日ポタージュにしてみましたよー。
Commented by cinnnamonmon at 2009-05-17 23:50 x
おもしろいですねぇ・・・調べたらどうも岡山だけみたいですよ、うすいエンドウのことをアラスカと呼ぶのは。正式名称をきちんと言っているのならスゴイですね、岡山県。おもしろいけど明日誰かに言ってもまた???ってなってしまう。謎が解けたからそれでうれしいです。もひとつ謎が。私の母は白菜のことをチーフと言うんです。我が家だけの言い方と思っていたらチーフ白菜と出てきた・・・どうなってるんじゃ、岡山の人は。ポタージュもいいですねえ、レストランみたいじゃ。
Commented by 木鳩屋 at 2009-05-18 21:43 x
cinnnamonmonさん、新たなる謎をありがとうございます。
チーフ白菜は初耳!謎ってあらゆるところに転がってますねー。
<< 発酵食品 再始動 >>