ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

やはらかに柳あをめる春

f0131641_221232.jpgお引出物のご注文をいただきました。今回はクッキーを少しずついろいろつまめるように詰め合わせます。全部で8種類を焼き上げたら、小さい袋に詰めてシールを貼る。それができると、さて箱の用意です。えんじの丸い貼り箱を台いっぱいいっぱいにならべる。あっちもこっちも占領しまくる。
f0131641_2213138.jpg
まず一つ、二つ。
f0131641_2213971.jpg
四つ。これで半分入った。
f0131641_2214845.jpg
八種類すべて納まったところ。
全部入った状態で中身の最終チェック。容れ方や数などの確認をする。
f0131641_2215662.jpg
クッキの説明書きと店のカードもちゃっかり入れます。これで蓋をして、細いリボンをかけてシールでとめるとできあがりです。何度もできあがり数の確認をして、手提げに入れます。
f0131641_222461.jpg蓋を開けるとこのような景色がくりひろげられるのです。幕の内弁当みたいです。
数が多くて大変では?と必ず言われるのですけれど、大量に作るべきときの段取りのつけかたがそもそも一人用なので、おそらく想像されるよりは大変ではないと思います。引き菓子を用意する仕事はとても好きです。たのしい。たのしくなければ、おそらくこんなことはできません。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-04-04 22:32 | 店話 | Comments(0)
<< 「庭」 あんずさん >>