ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

甥っ子のふんどし

卒業式なので学校がお休みという甥っ子(小3)が朝やってきました。一年間のプリント類をまとめたものと習字や絵などをまとめたものを各一冊ずつ綴じ(一応)製本して持参していた。こどものやることに対する興味津々で見せてもらう。
f0131641_2133294.jpg
水彩。「これ、あいなめ」だそうです。釣りをするようです。
巻尺で大きさをはかって16センチ、大きいうれしい、ということらしい。お題は「宝物」とか。さかなの口から出ているのは釣りの仕掛け。巻尺の引っ掛けるところなぞ芸がこまかい。
f0131641_2134084.jpg
クレヨン。つばめとちょうちょ。ありやくももいます。おそらく菜の花と。虫や動物が好きらしい。
この冊子ちょうだいよ、と喉まで出掛かる。画用紙をおさえている小さな手が画伯。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-03-19 21:24 | 与太話 | Comments(0)
<< まかないの内側 すばらしい日々 >>