ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

発酵

ポチっと送信これでほんまに受理されとるのかいなと思いながら電子申告をしました。メールボックスなど何度確認してもいまひとつ確信に欠けるところはありますが、多分できていると思います。もし駄目だったら→税務署から電話がかかってきて(くるのか?)「やっぱり手書きでしか出せません!」とごねて再提出。終了。
今年の確定申告がようやく済みました。疲れました。やっぱり手書きにしとけばよかったような気がする。一度電子申告にしたらずっとそうしなきゃならないのでしょうか。パソコン環境が激変したらどうなるんでしょうか。なんだか心もとない電子申告というもの自体。

f0131641_22264716.jpgこちらはスコーンです。高橋雅子さんのレシピより、少しのイーストで長時間冷蔵発酵を経て焼くやり方です。(この方はパンの本をたくさん出版されていて私も一冊持っていますが、おいしいパン屋さんが何軒かもうあるので自分でパンを焼きたいと全然思わなくなってしまって死蔵状態…)
スコーン生地をイーストの力で持ち上げるというのに興味をひかれて、焼いてみました。卵を使わずバターが多い配合で、焼き上がりは確かに粉の味がしっかり、食感もみっしり。スコーンというよりホットビスケットのような。これはこれとしておいしいけれど、私が作りたいと思っている「イーストで焼くスコーン」というのは少し違うところにある。それにしても不思議なのは、なぜスコーンが日本人にとても受け入れられているのか、ということです。私もついなんとなく、いろいろ試作してみたくなるのです。たかがスコーンされどスコーン。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-02-27 22:51 | 与太話 | Comments(0)
<< どシーズン 光あるうちに >>