ブログトップ

木鳩屋雑記

kobatoya.exblog.jp

りんごを煮る

バレンタインも間近というのに、確定申告の季節。冬→春という季節はバレンタインデイもホワイトデイもあり非常に気ぜわしいというのに、確定申告と見事に重なります。今年こそは電子申告にしようではないかと重い腰をあげ税務署や市役所や電器屋を半日かけて行脚したというのに、イータックスのサイトはこれまたお役所仕事がそのままネット上にもちこまれているかのように七面倒くさい。ダウンロードにつぐダウンロードで、一体自分がどこまで到達していてあとどれくらい登らねばならぬのかが一向に見えない。おそらくそのような情況になるであろうと予想はしていたものの、だから電子申告なんていやだったんだと思いはするものの、乗りかかった舟なのだからなんとかせねば…。そんなわけでただでさえブルーな確定申告をますます真っ青にしてしまっているのです。ついでに言ってしまうが、「電子申告開始時には5千円の控除」などとありがたそうにうたっているけれど、実際は電子証明書を取得したりカードリーダーを購入する費用でそんなものはほとんど使われることになる。役所に出向いて待つ時間なども含めて考えると…対価にしては莫迦らしいですね。
しかしその前に帳簿の整理を終わらせないことには、そもそも確定申告などできぬのであった。はー。

f0131641_2143438.jpg本日の試作品。りんごのタタン風ケーキです。表面のぶあつい層がりんご。ふじを使用。

バターと砂糖、レモン汁とカルバドスでしっかり煮たりんごを型にきちっと敷き詰めた上にバターケーキ生地を流して焼きます。ひっくりかえすとこのように。りんごをどっさり食べた!という気分になれる。試食しながら、こりゃあうめえや、と言ってしまうくらい私好みのケーキです。バターケーキはシンプルな生地で作りましたが、シナモンやジンジャーなどスパイスを少し入れてみてもおいしいと思います。黒胡椒やカイエンペッパーなどぴりっとするのでもおいしそう。
[PR]
by kobatoyakigashi | 2009-01-31 22:19 | 試作新作 | Comments(0)
<< チョコレート工場 金柑ふたたび >>